写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

 乳がんの手術を受け、乳房再建のためにインプラント(人工乳房)を使った女性に特殊なリンパ腫が見つかりました。国内初のケースです。海外では死亡例も報告されていますが、早めに対処すれば治る確率が高いそうです。専門家は定期的なチェックを受けるよう呼びかけています。

 専門医でつくる日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会の調査でわかった。女性は17年前にインプラントによる乳房再建を受けた。今年になり血液がんの一種「ブレストインプラント関連未分化大細胞型リンパ腫」(BIA―ALCL)と診断され、治療を受けているという。詳しい経緯は公表されていない。

 国立がん研究センター中央病院の伊豆津(いづつ)宏二・血液腫瘍(しゅよう)科長によると、BIA―ALCLは、1997年以降に海外で報告が出始めた。国により差があるが、乳房再建や豊胸のためシリコーン製などのインプラントを使った人の約3800~3万人に1人の割合で発症している。

 インプラントによる乳房再建は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら