[PR]

 アジフライの聖地・松浦に続け――。佐世保魚市場(佐世保市相浦町)にある「魚市場 もったいない食堂」に新メニュー「朝獲(ど)れ! ふわとろアジフライ定食」が誕生した。県内はもともと「恵(めぐみ)あじ」「ごんあじ」「旬(とき)あじ」などブランドアジがひしめく名産地。「負けません」の言葉に力がこもる。

 魚市場では、イカやタコの足がとれたり、十分な魚の数がそろわなかったりすると雑魚扱いされ、養殖のえさにしかならない「もったいない魚」になる。そうした魚たちを、刺し身やから揚げなどで積極活用していこうと、この食堂の名前はつけられた。

 朝どれの魚を使ったアジフライは、日替わり定食として月に数回提供されていたが、人気の高さから定番メニューになった。

 もったいない食堂は、地元産の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら