[PR]

 夜行性の生き物たちに光を当てた企画展「闇に生きる 相模原にすむ夜行性の生きもの」が、相模原市立博物館(同市中央区)で開かれている。夜間に自動撮影カメラがとらえた映像を紹介するなど、ユニークな内容だ。7月7日まで。

 タヌキやイタチ、フクロウ……。市街地では様々な野生動物が暮らしている。その多くは夜行性。「身近にいながらあまり目にすることがない。意外と豊かな相模原の夜の生物を知ってほしい」と、同館学芸員の秋山幸也さんが企画した。

 同館周辺は豊かな樹林がある。秋山さんは樹林の中に赤外線の自動撮影カメラを設置。タヌキが仲間を呼んで鳴き声を上げたり、追いかけっこしたりする様子などをとらえた。会場ではハクビシンやアライグマなどの映像も紹介している。

 「人間への警戒心がない状態で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら