[PR]

 名古屋市中村区の再開発地区「ささしまライブ」と名古屋駅を結ぶ地下道の整備について、「地上のにぎわいがなくなる」などとして計画を止めていた河村たかし市長が、条件付きで容認する姿勢を示した。

 地下道を巡っては、ささしまライブ地区の進出企業などが早期の整備を繰り返し求めていた。

 河村市長は19日の市議会本会議で、「ちゃんと歩道が奥までいって、にぎわいがあるならやってもいい」などと答弁。本会議後の報道陣の取材に対し、名駅南エリアに高さ1千メートルのタワーを建設するなどしてにぎわいを創出することや、地下道に整備する「動く歩道」などの快適な移動手段を、ささしま地区にもつなげることを条件に挙げた。

 地下道の整備には時間がかかるとして、朝夕に歩行者で混雑する名駅とささしま地区を結ぶ歩道の拡幅をまず進める考えも示した。(堀川勝元)