[PR]

 サッカーJ1川崎は19日、日本代表MF守田英正選手(24)が17日に道交法違反容疑で検挙されたと発表した。運転免許も失効していたことが分かり、クラブは公式戦の1試合出場停止と制裁金などの処分を科した。庄子春男強化本部長らは減俸処分となった。

 川崎によると、守田選手は17日午前8時半ごろ、チーム練習に乗用車で向かう途中に川崎市内で運転中に携帯電話を使用したとして、神奈川県警に検挙された。その際に免許有効期限が10日までで、失効していたことも判明した。

 守田選手は昨年9月に日本代表初選出。今月上旬の国際親善試合メンバーにも選ばれ、9日まで代表活動に参加していた。