[PR]

 男子プロバスケットのBリーグが、現在18チームで行っている1部リーグ(B1)を6チーム増やし、24チームにする方向で検討を始めたことが19日、関係者の話で分かった。早ければ2024~25年シーズンからの実施をめざす。Bリーグは現在3部制で、各リーグ間の昇降格の規定変更についても今後検討する。

 Bリーグは、それまで併存していた国内2リーグを統合して16年にスタート。分散していた有力選手が1リーグに集まったことなどで競技力が年々上がり、今年2月には、B1の選手を中心とする日本代表が13年ぶりのワールドカップ出場を決めた。日本男子の成長は国際バスケットボール連盟にも認められ、20年東京五輪への開催国枠による出場も決まった。

 これを追い風に、新たにBリーグに加入を希望するチームが各地で出てきていることもあり、B1のチーム数を増やす方向で調整に入った。

 現在のB1は18チームを6チ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら