森のわんちゃん、保健所へ… 後でわかった意外な事実

有料記事

小野大輔
[PR]

 「どんぐり山」と呼ばれる小さな森が、福岡市中央区の住宅街にある。

 灰色の雲が低く垂れ込めたある朝、その森で、1匹の犬が数人の男性たちに取り押さえられた。

 体は白く、首から上が茶色いメスの中型犬だった。

 車に乗せられていく様子を偶然見かけた工事現場の警備員が、車が立ち去った後、スマホをとりだして電話をかけた。

 「あの犬が、連れて行かれました」

 電話を受けた橘秀美さん(51)はお礼もそこそこに通話を終え、心当たりの番号を呼び出した。

 橘さんが、どんぐり山で最初にその犬を目にしたのは10年ほど前だった。当初は3匹ですみ着いていたが、いつしか2匹は見かけなくなった。

 1匹になった犬はいつもしっぽを下げていた。えさをあげようと近づいても、ほえることなく、山に逃げ込んだ。この1、2年は、やせ細り、坂道を駆け上がることもなくなった。

 ある晩、橘さんはその犬が山…

この記事は有料記事です。残り587文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!