[PR]

 「この坂もまた、実に走りたくなる坂である」。俳優・吹越満の一言とともに、坂を全力で駆け上がる女性の様子をセリフやBGMなしで映す6分番組「全力坂」(テレビ朝日、月曜~木曜深夜、一部地域を除く)が放送15年目に入った。初めての海外展開だけでなく、あの映画とのコラボも決まったという。

 全力坂がスタートしたのは2005年4月。ある放送作家が東京・渋谷の宮益坂を全速力で走る女性を見て発想を得て、深夜番組の企画に仕立てた。芸能界にもファンは多く、坂道を愛し、坂道に関する著書もあるタモリもその一人だ。

 売り出し中のタレントが出ることが多いが、たまに事前予告無しで著名人も出演。これまで国生さゆりや安田美沙子も走者になった。

 6月の半ば、現場を実際に見学すると、知名度の高い走者の撮影に出くわした。東京都板橋区の「見次坂」を走っていたのはフリーアナウンサーの馬場ももこだ。テレビ金沢のアナウンサー時代に、奔放なキャラクターで全国放送のバラエティー番組でも活躍し、「金沢の暴れ馬」の異名をとった。

 知名度の高い彼女の出演に驚いていると、「いつの日か出たいと思い続けていて、事務所にずっと相談していたんです」。新潟から大学入学を機に上京し、初めて全力坂を見た時、新鮮な企画に驚いたという。憧れの番組のため、普段通っているジムで走りのトレーニング量を増やし、撮影に臨んだ。

 15年目となる今年、番組は、テレ朝のミニ番組として、初めて海外配信されることが決定した。定額制配信サービス「アマゾンプライムビデオ」の中で、夏にアメリカ全土で配信される予定だ。

 番組名は、「Girls Running Up Hill」。アマゾンプライムにチャンネルを持つアメリカの会社が全力坂に関心を持ち、過去放送回の中から50話分を購入した。国際ビジネスを担当するテレ朝の担当者は「エッジが利いている企画だと評価された。これを機に、例えばロサンゼルスの坂をアメリカの人が走るというような、全力坂のフォーマットが世界で広がっても面白い」と話す。

 テレ朝では深夜の枠で人気の全力坂を活用し、他番組とのコラボ企画を定期的に行う。過去には、同局の開局50周年を記念した特番で、木村拓哉が走者になったこともある。

 24~26日には大ヒット映画とコラボした「坂の名は。」(深夜0時50分~55分、26日は深夜1時5分から、一部地域を除く)が放送される。テレ朝系で30日に、アニメ映画「君の名は。」(新海誠監督)を放送することを受けての企画だ。

 映画のヒロイン、女子高生の三葉(みつは)が劇中走っているシーンを全力坂の制作チームが編集し、全力坂風に仕立てた。担当者によると、新海監督含む映画制作チームも納得の出来栄えになっているという。(西村綾華)