[PR]

 NHKは19日、AIを活用した番組などを担当するチーフ・プロデューサーが強制わいせつ容疑で逮捕されたことを受け、この職員が出演した「NHKスペシャル」5番組について、「NHKオンデマンド」での配信を停止したと明らかにした。木田幸紀放送総局長は同日の定例会見で「コンプライアンスの徹底を浸透させるよう取り組んでいる最中に残念。視聴者の皆様に深くおわび申し上げる」と謝罪した。

 配信を停止するのはNHKスペシャルの「震災ビッグデータ」1本と「AIに聞いてみた どうすんのよ!? ニッポン」4本の計5番組。逮捕されたのは放送総局大型企画開発センターの阿部博史容疑者で、ビッグデータやAIを活用した特集番組や災害報道を担当していた。

 警視庁によると、阿部容疑者は2月23日午前1時半ごろ、東京都練馬区の路上で帰宅中の40代女性にわいせつな行為をした疑いで今月17日に逮捕された。