写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

 日本銀行の金融緩和への期待感から、19日の債券市場は国債を買う動きが強まった。欧州中央銀行のドラギ総裁が追加緩和を示唆したことに加え、米国でも利下げ観測が強まっている。世界的に金利の引き下げ圧力がかかり始め、日銀の対応に注目が集まっている。

 長期金利の指標となる満期10年の国債の利回りは一時、約2年10カ月ぶりの低水準のマイナス0・155%まで下がった。終値は持ち直し、前日比横ばいのマイナス0・140%だったが、「日銀の利下げへの期待感から、売買差益をねらって買われている」(大手証券)との見方が強い。

 日銀は19~20日の金融政策決定会合で、金融政策を「現状維持」とする公算が大きい。ただ、市場では金融緩和への期待感も広がり、黒田東彦総裁の20日午後の会見での発言に注目が集まっている。

 19日の東京株式市場は、日経…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら