[PR]

 第101回全国高校野球選手権愛知大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)で29日にある開会式後の初戦で、東邦のエースだった山田喜久夫さん(47)が始球式を行う。球児として平成最初の春夏の甲子園で投げている山田さんは「たいへん名誉なこと。また夏の大会で投げられるとは思わなかった。出場する球児たちが令和元年で優勝できるように、という願いを込めて投げたい」と語った。

 山田さんは東邦時代、エースとして平成元年だった1989年の選抜大会で優勝。春夏連覇をめざした夏は全国選手権大会の初戦で敗れたものの高校最後の夏の愛知大会を制して甲子園で投げた。プロ野球では中日と広島で通算222試合に登板した。

 今春の選抜は、東邦の野球部員である息子をはじめ後輩たちの姿を阪神甲子園球場のアルプス席で見ながら応援。30年ぶりの大会制覇で東邦は平成の最初と最後の選抜で優勝を飾った。

 「春の王者だけれど、挑戦者であるということを忘れずにやって欲しい」と後輩にエールを送った山田さん。愛知大会に参加する選手たちにも、「甲子園をめざして最後まで諦めずにやって欲しいと思う。野球は2アウトからとよく言うけれど、ゲームセットになるまで白球を追いかけて欲しい」と語った。

 愛知大会の開会式は29日午前9時から名古屋市のパロマ瑞穂野球場であり、第1試合は11時30分から行われる。