[PR]

 19日午後1時半ごろ、神奈川県愛川町田代で、傷害罪などで懲役3年8カ月の実刑が確定した無職小林誠受刑者(43)の自宅を横浜地検と県警の職員数人が訪ね、収容しようとしたところ、小林受刑者が刃物を持ち出し、黒色のホンダ・フィットで逃走した。県警などが行方を追っている。東名高速道路で西へ向かったとの情報があるという。

 地検によると、小林受刑者は横浜地裁小田原支部で昨年9月、窃盗や傷害、覚醒剤取締法違反(使用)などの罪で実刑判決を受けた。今年1月に東京高裁が控訴を棄却し、2月8日に判決が確定。小林受刑者は保釈されていたため、検察が出頭を命じたが応じず、何度か自宅を訪問したが接触できなかったという。19日は午後1時ごろに地検の職員らが訪問し、室内で話をしていたところ、刃物を持ちだした。

 地検が小林受刑者の逃走を発表したのは、発生から約3時間後。竹内寛志次席検事は「このような事案を発生させたことについて大変申し訳なく思っている」と話した。