[PR]

 中小証券会社「東郷証券」(東京都港区)が複数の顧客の損失を補塡(ほてん)したとして、東京地検特捜部が20日にも同社の取締役(58)ら複数の幹部を金融商品取引法違反(損失補塡)の疑いで強制捜査する方針を固めたことが関係者への取材でわかった。この取締役を中心に経営陣が損失補塡に関与していたといい、特捜部は組織ぐるみで悪質性が高いと判断した模様だ。

 関係者によると、この取締役らは外国為替証拠金取引(FX)で損失を出した複数の顧客に対し、少なくとも計約6千万円の損失を補塡した疑いがある。高齢者を対象にFXへの投資を勧めており、損失補塡でかかった費用は、関連会社に対する架空の業務委託費として計上していたという。

 この取締役は東郷証券の親会社の代表取締役で、特捜部は東郷証券の実質的な経営者だったとみている模様だ。元プロ野球選手で、1979年に巨人にドラフト1位で指名され、投手として入団。近鉄などを経て引退したが1軍での出場はなかった。

 損失補塡は90年代初め、証券…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら