[PR]

 9月20日に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で、日本協会A級レフェリーの久保修平さん(38)が日本からただひとり、副審として審判団に選ばれた。1999年大会以来、日本から20年ぶりの選出。「将来は主審でW杯」という誓いを胸に秘め、ピッチに立つ。

 国際統括団体ワールドラグビー(WR)が主審12人、副審7人、ビデオ判定の補助4人を選んだ。久保さんはW杯全48試合のうち、数試合を担当することが見込まれており、「W杯がどんどん近づいていると実感する」と話す。

 日本協会が2005年、世界に通用するレフェリーを育成しようと創設したアカデミーの1期生だ。20歳代の若手審判を毎月1回集め、2年間かけて集中的に育成し、30歳代で世界に羽ばたかせるねらいがある。世界では若手審判が活躍する。日本が競技レベルを向上させ、世界に追いつくには、優秀な審判の育成が急務だった。

 「走れないと話にならないから、最初はとにかく走りなさい、ラグビーの知識を高めなさいと教わった」。その教えは今も生きている。14年に教職を辞め、レフェリーに専念。専属トレーナーを雇い、週2回のランニング、筋トレで鍛える。

 走って息が上がった状態で英語…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも