[PR]

 ギャルファッションの聖地「渋谷109」の元カリスマ店員、森本容子さん(41)は、20代で自らのブランドを立ち上げ、今も活躍中です。ただ、これまでには仕事でも私生活でも苦境に立たされ、「どウツ状態」になったこともあったとか。忙しかったり、気分が沈んでいたり……服選びがうっとうしい時、心にとめたい「手抜きおしゃれ」の極意を聞きました。

 そもそも「ギャル服」は、1990年代末ごろから流行し始めた。基本アイテムはミニスカート、スキニーデニム、ホットパンツ、タンクトップ、厚底サンダル。小麦色の肌に茶髪や金髪で、細い手足を露出して強調し、サーファー系、ストリート系など、ブランドごとの特色や流行もあった。

 当時大学生だった記者はギャルに憧れ、109の人気店「エゴイスト」に立つ森本さんを遠巻きに眺めていた。カリスマ店員はみなテレビや雑誌に引っ張りだこのセレブ。店内にひしめく客も皆細い人ばかり。「色白、太めの自分はきっと口もきいてもらえない」と気後れした。

 「店の外に立っていた人たち、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら