[PR]

(19日、ヤクルト3―2ソフトバンク)

 苦しい1カ月半だった。ヤクルトの小川が5月3日以来、7登板ぶりの勝利を手にした。今季初めて神宮球場のお立ち台で、「ここに上がるのも恥ずかしいです。ようやく勝てた」とホッと胸をなで下ろした。

 1点リードの五回、1死二、三塁とされてから、気合を入れ直した。福田を空振り三振。今宮には粘られながら、8球目、外角への147キロの速球で再び空振り三振にしとめた。ピンチを脱し、マウンドでほえた。

 午前中、都内で親会社の株主総…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら