[PR]

 3年前の参院選の際、選挙権年齢の引き下げで初めて一票を手にした18、19歳に政治や選挙への疑問を聞き、識者に答えてもらった。あれから政治とのつきあい方は変わったのだろうか。同じ若者を訪ねてみた。

映像製作会社員・掃部良太さん(22歳)

 福島市内の映像プロダクションで、旅番組とか自治体のPR番組などを作っています。観光名所や旬の魚を紹介したり、海鮮丼を食べたり。ハッピーなニュアンスのものが多いです。帰宅するのは夜10時とか午前0時とかですが、目の前のことがとにかく楽しい。

 被災地にロケに行くこともあります。でもカメラや音声、出演者がいて、現場をどう回すかで手いっぱい。緊張しっぱなしで、震災のことを考える余裕はありません。

 3年前、自分は「何が復興なのか」と新聞で問いましたが、いま読み返してみて、「ああ、こんなことを言っていたのか」という感じです。当時はギターに夢中で、近所迷惑を考えずに夜中まで弾いてました。政治に興味はなく、母親にせっつかれて投票には行ったけど、なんとなくで選びました。

 東日本大震災から8年経って、「復興のブーム」は去った気がします。かつては復興を語るのが、はやりだったんです。語っておけば、誰でも飛びつくし、場をにぎやかす。農家の人、テレビ局の人、色んな人から「復興って何だと思う」って何度も聞かれて、同じ話を繰り返すのに、もう飽きました。

 家は内陸で被害が少なかった。直後は放射線量が高くて、庭の芝生を張り替えました。でも、その芝生を見ても、震災のことは思い出さないんです。被害が大きかった浜の人とは違うから、自分が被災者ぶるのもどうかなと思います。

 参院選はめんどくさくて、母親に「行きたくない」と言ったら、激怒されました。投票に行ったからといって、日々の生活が変わる気がしません。そもそも現状に満足しているんです。政治には何も言わなくていいかなと思っています。(関口佳代子)