[PR]

 20日午前1時10分ごろ、兵庫県佐用町本位田の中国自動車道上り線で「男にタンクローリーを奪われた」と、運転していた運送会社員の男性(50)から110番通報があった。その後、現場から約7キロ先の同町西下野の同自動車道の走行車線にタンクローリーが乗り捨てられているのが見つかった。男性は奪われる際に男から「俺の道で何してくれるんや」と言われ、顔などを殴られて軽傷を負っており、県警は強盗致傷事件として調べている。

 佐用署によると、男性が佐用インターチェンジ付近でタンクローリーを走行中、前に割り込んできた乗用車に車線をふさがれ、停車させられた。車から降りてきた男に棒状のもので助手席側の窓ガラスをたたき割られて車外に連れ出されると、顔などを殴られてタンクローリーを奪われた。タンクは空だった。男は30代ぐらいで身長約170センチ、黒い上着を着ていたという。