[PR]

 認知症や高次脳機能障害を負う高齢者が宅配業者のダイレクトメール(DM)配達を担う取り組みが福岡県大牟田市で始まっている。高齢者にはわずかだが報酬が入る上、社会参加を実感でき、症状の進行を抑える効果も期待できる。宅配業者は従業員不足を補え、地域住民の認知症などへの理解も進むなど、メリットは大きい。

 市とヤマト運輸大牟田支店、同市の小規模多機能型居宅介護施設「てつお」、リハビリ特化型デイサービス「ライズ」による報道機関向けの説明会が20日にあった。

 福祉施設や作業所の障害者にDM配送を委託する取り組みはこれまでもあったが、認知症の人や脳機能に障害を負う高齢者が配送を担う取り組みを新たに始めた。鹿児島県姶良市でも同様の取り組みがすでにあるという。

 大牟田市でいち早く実施してい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら