[PR]

 子どもの便秘は0歳から――。そんな調査結果を、誰もが安心して排せつできる環境づくりに取り組むNPO法人「日本トイレ研究所」(東京都)が公表しました。放っておくと切れ痔(じ)や便漏れなど症状が悪化し、治すのに長い時間がかかるといいます。専門医は、日ごろ接している大人たちが排便の仕組みを正しく理解し、気になる場合は早めに受診するよう呼びかけています。

医師の処方通り、下剤のませたのに…

 今年1月中旬。

 「うーっ、おなかが痛いよう」

 脂汗を流して泣き叫ぶ娘=当時3歳7カ月=を、都内の経営コンサルタント秋山ゆかりさん(46)は見ていられなかった。

 娘は生後4カ月ごろ、便が少なく硬い日があり「便秘かも」と感じ始めた。以後、プルーンやひじきなど食物繊維が多いものを与えるように心がけていたが、昨年12月に危篤の祖父を見舞う日が続き、食事がコンビニおにぎりなどに偏ってしまった。排便が3日おきになり、硬いうんちを出せば肛門(こうもん)周りが切れてひどく痛がった。なぜか便失禁が始まり、保育園に行くのも渋るようになった。そこで自宅近くの総合病院の小児科を受診すると、「小児慢性機能性便秘症」と診断された。

 だが処方通りに下剤を毎日10滴弱ずつのませたところ、今度は床の上を転げ回るほど苦しみ始めた。暴れる娘を夫と押さえつけて浣腸(かんちょう)するが、グリセリン液は少ししか入らない。泣き叫ぶほか、吐いたり、体が震えてしゃべれなくなったりもした。

 このやり方でいいのか? トラウマになるのでは……。

 見かねた秋山さんはネット検索で子どもの便秘に詳しい専門医の記事を読み、メールを送って初診にこぎつけた。

3歳までの治療が理想 「早めの受診を」

 親子が訪ねたのは都立小児総合医療センター消化器科の村越孝次さん。ベテランの小児外科医で、13年の診療ガイドラインの作成に協力した1人だ。

 「どの患者もどうしようもない状態になって駆け込んでくるが、本当は便秘を疑ったらすぐに受診してほしい。自我が芽生える3歳までに治すのが理想的なんですが」

 村越さんが秋山さんの娘を診療すると、大量の硬い便が詰まった直腸が、かなり太くなっていた。肛門の手前は「便塞栓(そくせん)」と呼ばれる状態で、いくら下剤をのんで便を軟らかくしても、出口が塞がって出なかったのが苦痛の原因と分かった。失禁は、水分を含んだ便が固まった便と粘膜とのわずかな隙間を伝わって漏れ出す典型的な症状だった。

 長時間いきんだ後の排便で切れ痔(じ)になると、痛いのは嫌だと我慢してしまう悪循環を招く。そんな小児の便秘のメカニズムを、村越さんは丁寧に説明した。その上で娘に体内で固まった便を造影剤を注入して溶かして出す治療を施し、秋山さんにはカテーテルを使った浣腸のやり方を自宅でも行えるよう指導して「毎日、お尻近くのうんちのまとめ出しを」と指示した。

 これは、大量の便をため込んで伸びた腸壁で感じなくなった「直腸肛門反射」を呼び戻すための、地道な日課だ。大切なのは子ども自身が便意を催し、うんちを出し、すっきりする感覚を身につけることだという。

 「保護者は子どもの排便回数や…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら