[PR]

 中小証券会社「東郷証券」(東京都港区)が顧客8人の損失を計約6900万円補塡(ほてん)したとして、東京地検特捜部は20日、同社の取締役林泰宏容疑者(58)=東京都渋谷区=ら4人を金融商品取引法違反(損失補塡)の疑いで逮捕し、発表した。関係者によると、林容疑者は逮捕前の任意聴取に対し、容疑を否認していたという。

 このほかに逮捕されたのは、同社社長の宇佐美麻己(46)=同港区=、同社顧問で関連会社役員の上村昌也(37)=横浜市=、関連会社役員の宮井智浩(48)=大阪市=の各容疑者。

 発表によると、林容疑者らは2016年7月から今年1月までの間、外国為替証拠金取引(FX)で損失を出した顧客8人に対し、計約6900万円の損失を補塡した疑いがある。

 林容疑者は東郷証券の親会社の代表取締役で、特捜部は東郷証券を実質的に経営していたとみている模様だ。元プロ野球選手で、1979年に巨人にドラフト1位で指名され、投手として入団したが1軍での出場はなかった。