[PR]

 IT企業などで作る新経済連盟は20日、「新経連株価指数」を発表した。新経連に加盟している525社のうち、東京証券取引所第1部、第2部、東証マザーズ、ジャスダックに上場する96社を対象に、加重平均して指数を算出した。

 新経連が発足した2012年6月1日を起算日とし、指数は19年5月末には当初の約4倍になっている。指数は毎日公表するという。

 新経連代表理事を務める楽天の三木谷浩史社長は20日のイベントで、「新経連株価指数の成長は日経平均株価の倍。いかに新しい産業や企業に投資していくことが重要なのか、より具体的に体感できる。これからの成長を真に担っていくのは大企業だけではだめで、新しい企業が出てこないといけない」と話した。