[PR]

 8月6日の平和記念式典中、デモで拡声機を使うのは「うるさい」か。広島市が市民にアンケートをしたところ、過去5年間に式典に出席するなどした人のうち、拡声機の使用を「条例で規制するべきだ」と答えた人は7割に上った。市は来年の式典に向け、条例制定を視野に検討を進める。

 式典が開かれる平和記念公園周辺では毎年、拡声機を使ったデモがある。原爆投下時刻の午前8時15分の黙禱(もくとう)や安倍晋三首相のあいさつなどの間を中心に、様々な主張が飛び交う。「長崎の式典では静謐(せいひつ)な環境が保たれ、静かな心で祈りを捧げることができた。なぜ広島では、それができないのか」。昨秋の市議会で市議から質問があり、アンケートを行うことになった。

 市によると、アンケートは3千人を対象に実施し、有効回答率は41%だった。「これまでの5年間に式典に出席したり、テレビや動画で見たりしたことがある」と答えた人のうち、「条例を定めて規制するべきだ」を選んだ人が69%だったという。

 松井一実市長は市議会で式典で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら