[PR]

患者を生きる・眠る「夜尿症」(3)

 東京都に住む小学6年の男の子(12)は小学2年のとき、夜尿(やにょう)症と診断された。飲み薬による治療を始めたが、なかなかおねしょ(夜尿)は減らなかった。

 「アラーム療法をやってみませんか?」。治療を始めて9カ月が過ぎた2016年5月、順天堂大医学部付属練馬病院(東京都)の主治医、大友義之さん(56)に提案された。

 送信機を取り付けたセンサーつ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら