拡大する写真・図版渋谷スクランブル交差点に立つ森本容子さん。奥はSHIBUYA109=東京都渋谷区、西畑志朗撮影

[PR]

 「渋谷109」の元カリスマ店員で、20代で自らのブランドを立ち上げた森本容子さん(41)。ただ、仕事も私生活も順風満帆とは言えず、「救いのない、うつ状態」も経験したと言います。

拡大する写真・図版渋谷109のカリスマ店員時代の森本容子さん=本人提供

 森本さんはギャルファッションがブームとなった1990年代末から「カリスマ店員」としてメディアに取り上げられ始め、20代後半で起業、自身のブランド「カリアング」を立ち上げた。「シンプルで着心地が良いのに、手抜きに見せない服」をコンセプトに全国の百貨店に店舗展開し、若手女性社長として脚光を浴びた。

 当時を振り返り、こう苦笑する。「今この手を打てば、遠い将来、事業の幅がこう広がりますよ。そんな風に仕事を持ちかけてくる人たちがいて。でもその通りには全然ならなかったですね」

 2008年のリーマン・ショッ…

この記事は有料会員記事です。残り1526文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1526文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1526文字有料会員になると続きをお読みいただけます。