[PR]

 インターネット漬けの生活から抜け出したい子どもたちのための合宿(8月17~21日)の参加者を、県が募集している。長時間使用による健康への影響も懸念される中、電波の届きにくい離島で、自然とふれあいながら日常生活を見直す試みだ。

 県青少年本部などが主催する「人とつながるオフラインキャンプ」。2016年から毎年、姫路市家島町の県立いえしま自然体験センターで実施している。

 ネットに接続できるのは、指定された「スマホ部屋」で毎日決まった時間帯の1時間だけ。集団で3食自炊やカヌー体験、相談役の大学生との語り合いなどを楽しみ、最終日は一人ひとりがネットとのつきあい方の目標をたて、全員の前で発表する。

 昨年参加した豊岡市の通信制高…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら