[PR]

 実刑判決の確定後、収容前に神奈川県愛川町の自宅から無職小林誠容疑者(43)=公務執行妨害容疑で指名手配=が逃走した事件で、小林容疑者は服を着替えて逃亡を続けている可能性があることが捜査関係者への取材でわかった。黒っぽい服装で逃走車両から降りる姿が防犯カメラに映っていたという。

 横浜地検は20日、小林容疑者の逮捕状をとった。神奈川県警も同容疑で全国に指名手配した。

 県警によると、小林容疑者は19日午後1時5分ごろ、横浜地検の職員5人が収容のために自宅を訪れたところ、刃物のようなものを突き出し振り回すなどした疑いがある。訪問には、県警厚木署員2人も同行していた。

 県警や地検によると、小林容疑者は自宅近くにとめてあった車で逃走。午後5時40分ごろには相模原市南区の国道16号を、午後6時過ぎには同県大和市の東名高速下りで大和トンネル付近を走行していることが確認されている。さらに午後6時45分ごろには、厚木市内妻田南1丁目のコンビニ駐車場の防犯カメラに黒っぽい服装で車を降りる姿が映っていた。逃走開始時は、白い帽子と白いTシャツ、ハーフパンツ姿だったため、県警は、小林容疑者が着替えた可能性があるとみている。

 午後11時半ごろには、小林容疑者の自宅から直線で約7キロ離れた同県厚木市三田のアパートの敷地内で、県警の捜査員が、逃走に使われた車を発見した。車内からは衣類などが見つかったが、刃物は見つかっていないという。

 県警の説明では、逃走を受け、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら