[PR]

シンギュラリティーにっぽん

 画像処理を得意とする人工知能(AI)が登場し、街中の監視カメラで瞬時に個人を識別して追跡もできるようになる。治安向上に役立つ一方で、「監視社会」の不安が人々の身の回りに忍び寄る。(福田直之=北京、渡辺淳基

ドラゴンボールの世界が現実に

 約6万人の熱気に満ちるコンサート会場の舞台裏で、たった1人を巡る追跡が静かに進んでいた。

 昨年4月、「香港四天王」と呼ばれた歌手、張学友(ジャッキー・チュン)さんのコンサートが中国・江西省南昌市で開かれた。入り口では監視カメラが聴衆を出迎え、次々に顔を撮影。警察が持つ逃亡犯の顔写真データとAIが照合を重ねた。警察官が観覧席から逃亡中だったとされる男を連行したのは、開演の少し後だった。

 1990年代に大ヒットを飛ばしたチュンさんは、中国の地方都市でコンサートを開くことが多い。監視の目を避け、地方に潜伏している逃亡犯が、懐かしさもあって駆けつける。それを監視カメラとAIが一網打尽にする――。南昌市を皮切りに、チュンさんのコンサートでは、逃亡犯が次々と捕まった。昨年12月下旬時点で中国メディアがまとめたところ、その数は全国で約60人に上った。

 警察が中国全土に張り巡らせる監視カメラのネットワークは「中国天網」と呼ばれる。国営中央テレビは2年前、その数が2千万台を超えると伝えた。天網以外も合わせると、中国内には2億台近い監視カメラがあるとされる。

 「治安コントロールシステムを刷新して完全に情報化し、人民大衆の安全感を高めなければならない」。習近平(シーチンピン)国家主席は1月、こう指示を出した。AIをも活用する中国の監視システムの進化はとどまるところを知らない。

 今年は2月にあった春節(旧正月)。帰省でごった返す大都市の駅で、群衆に目をこらす警察官が特殊な眼鏡をかけていた。前方をとらえるカメラがついているとは思えないぐらい、軽い。これが、携帯できる監視カメラの役割を果たす。

 開発したのは亮亮視野という北京のベンチャー企業だ。レンズには文字が映し出され、逃亡犯ら登録した人の顔が見えると四角い枠が現れて赤く光る。登録がなければ、警告は出てこなかった。

 もともと同社は、現実の視界に仮想の映像を映し込ませる拡張現実(AR)を楽しめる眼鏡を作っていた。警察向けに監視に使えるようにと改造した。

 取引先に説明しても、最初は何に役立つのか理解されなかった。同社の呉斐・最高経営責任者は笑う。「サイヤ人がかけているあれですよと言うと、わかってもらえた」

 サイヤ人とは、アニメ「ドラゴ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら