[PR]

 2020年東京五輪のサーフィン会場となっている千葉県一宮町のサーフショップ倉庫からサーフボードが盗まれた事件で、茂原署は20日、茂原市新小轡の会社員、岡崎貞人容疑者(47)を窃盗と建造物侵入の疑いで逮捕し、発表した。「売って生活費にあてるためにやった」と容疑を認めているという。

 被害に遭ったのは一宮町にあるサーフショップ「Modex一宮」の倉庫。署によると、岡崎容疑者は3月5日から4月14日までの間、この倉庫に侵入し、サーフボード11枚(135万円相当)を盗んだ疑いがある。署が20日、岡崎容疑者が働く白子町の倉庫を調べたところ、このうち6枚と、盗難品とよく似たものが数枚見つかったという。

 署は5月上旬に、店の経営者から「盗まれたボードがインターネットのオークションで出品されている」と被害届を受けた。売りに出されていたボードに記載された製品番号が、盗難品と一致したことなどから捜査を開始。出品元をたどって岡崎容疑者が浮上したという。

 岡崎容疑者は「数回にわたって20枚ほど盗んだ」と話しているといい、署が余罪を調べている。(今泉奏)