[PR]

 元農林水産事務次官の熊沢英昭容疑者(76)が東京都練馬区の自宅で、長男(当時44)を刃物で殺害したとされる事件で、長男には身を守ろうとしてできる目立った傷がなく、ほぼ無抵抗の状態だったことが捜査関係者への取材でわかった。警視庁は熊沢容疑者が、寝込みなど無防備になる状況を待ち、殺害の機会をうかがっていたとみている。

 東京地検は21日、熊沢容疑者を殺人罪で起訴した。地検によると、1日午後3時15分ごろ、自宅で長男の無職熊沢英一郎さんの首を包丁で切るなどして殺害したとされる。数十カ所に上る傷が確認された一方、腕などに目立った「防御創」はなかったという。

 捜査関係者などによると、英一…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら