[PR]

 「高校生が合宿をして、地域(ローカル)の活性化について地球規模(グローバル)で考えてみよう」――。そんなイベントが8月1~3日、秋田市の国際教養大学キャンパスを主会場に開かれる。企画したのは高校生だ。同世代の多くの若者の参加と、資金面での協力を募っている。

 イベント名は「ローカル・グローバル・3デイズ」。生徒たちが2泊3日の合宿で交流し、地域の活性化に取り組む専門家の話を聴きながら、地元の魅力を発信したり課題を解決したりする方法を話し合う。

 企画したのは、湯沢市で起業している高校2年の篠原龍太郎さん(17)。地元で映像デザインを手がける会社「Oligami(オリガミ)」代表を務め、湯沢の名所や文化をPR映像や広告デザインに採り入れている。「自分のように、地域で新しい活動を始める高校生がもっと増えてほしい」と願い、合宿イベントを考えた。

 講師には、湯沢の発酵文化を考…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら