[PR]

 刑事事件の容疑者を中国本土に引き渡すことを可能にする香港の「逃亡犯条例」改正案の即時撤回などを求めて、数千人の若者が21日午前、政府本部付近の幹線道路を再び占拠し、抗議を始めた。学生団体は政府本部を包囲するため、現場に駆けつけるよう呼びかけており、参加者が続々と増えている。

 学生団体は、改正案の即時撤回のほか、12日の抗議活動で警官隊と衝突した若者の行動を「暴動」とした林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官の発言の取り消しなどを要求している。若者による政府本部前の大規模な道路占拠は12日以来となる。

 政府本部は安全上の理由から21日は閉鎖されることになった。数百人の若者が警察本部前に移動し、抗議している。香港メディアによると、5千人超の警察官が動員され、警戒にあたっているという。

 林鄭氏は改正案が事実上、廃案になる見通しを示し、事態の収束を図ったが、納得しない若者との溝は埋まっていない。

 デモ隊は警官隊が催涙弾を使用する事態に備え、水やマスクを数メートルおきに路上に置くなどしている。(香港=益満雄一郎)