[PR]

(20日、サッカー南米選手権 日本2―2ウルグアイ)

 大会最多15度の優勝を誇る強豪相手にMF三好康児(横浜マ)が鮮烈な2得点を挙げた。

 まずは前半25分、スローインを左サイドで受けたMF柴崎岳(ヘタフェ)が右サイドに大きく展開。パスを受けた三好が縦に持ち込み、相手DFをかわすと、利き足でない右足で冷静にニアサイドに蹴り込んだ。先取点は日本の今大会初ゴールとなった。

 続いて同点で迎えた後半14分、DF杉岡大暉(湘南)のクロスのこぼれ球に反応、きっちり押し込んだ。

 悔しさをバネにした。東京五輪…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら