写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

村山斉の時空自在〈6〉

 姿の見えぬお母さん、「ダークマター(暗黒物質)」をたずねる研究が熱を帯びている。

 学校では「万物は原子でできている」と習ったのに、宇宙の物質の8割以上は原子ではなく正体不明のダークマターで、この重力のおかげで星や銀河、私たちが生まれた。ダークマターは小さな「素粒子」ではないかという説が有力だ。太陽さえも簡単に突き抜けるニュートリノのように、ほとんど反応しない小さな粒というわけだ。

 だとすると、ダークマターは私たちの周りを飛び回っていることになる。捕まえて会えないだろうか。ニュートリノの時と同じように、地下に潜って邪魔されない静かな環境でじっと待つ。「鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥(ほととぎす)」。いわば徳川家康流。こうした研究が世界中で進んでいる。静かとはいえ雑音と闘い続けるのは大変だが。

 一方、「鳴かせてみせよう」と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら