[PR]

 麻生太郎財務相兼金融相の不信任決議案と問責決議案が21日、衆参両院本会議で与党や日本維新の会などの反対多数で否決された。野党側は趣旨説明や討論で「2千万円不足」問題の対応のほか森友問題の財務省文書改ざんなど不祥事を列挙。政権発足時から中枢にいる麻生氏に焦点を当て、参院選を前に「安倍政権の体質」を浮かび上がらせる狙いだ。

 「在籍日数の長さとは裏腹に、問題が発覚するたび全く指導力、解決力を示さなかった。もう限界だ」。参院本会議で立憲民主党の蓮舫氏は問責決議案の趣旨説明の冒頭、麻生氏に辞任要求を突きつけた。

 野党側が責任追及の柱に据えた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら