[PR]

 手作りの革製バッグを家族3人だけで製造直売している店が、茨城県鉾田市にある。バッグは2010年から茨城空港の売店で売られており、16年からは同市のふるさと納税返礼品にもなっている。店は5月に20周年を迎え、21年目に入った。

 「イデツ工芸」は、出津豊吉さん(77)と妻の幸子さん(66)、一人息子の広宣さん(33)の家族3人でやっている。基本デザインに少しだけ独自の要素を加えた「プチオーダーメイド」や、独自デザインバッグの製造委託(法人対象)も可能だ。

 農家に生まれた豊吉さんは、足のけがが元で農業ができなくなり、19歳から東京都墨田区のバッグ職人の家に住み込みで働くことになった。25歳で独立してメーカーの下請けを始め、その後、同区出身の幸子さんと結婚。1989年、豊吉さんの両親が暮らす旭村(現鉾田市)に戻った。

 その頃、市場には安い中国製バ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら