[PR]

 インドネシア特産のバティック(ろうけつ染め)のシャツ姿で、地元料理のランチをいただきます――。石井正文・駐インドネシア日本大使(61)による日々のそんなSNSの写真投稿が、インドネシア国内で話題になっている。フォロワーは6万4千人を超え、地元メディアも相次いで取り上げた。

 6月下旬の正午すぎ、ジャカルタ中心部の日本大使館内。30畳ほどの大使室の執務机に、この日の「大使メシ」が運ばれた。ジャワ島西部のスンダ料理で、豆腐のペペス(ハーブや香辛料と一緒にバナナの葉で包んで蒸し焼きした料理)やキノコのペペス、パパイアの葉っぱ炒め、ナスの辛み炒め、イカ、豆などのおかずに、ご飯とスープ付き。1食3万ルピア(約227円)で、現地の人たちが親しむ味と価格帯だ。

 石井氏は水色のバティック姿で、食器を前に、スンダ伝統の人形劇「ワヤン・ゴレック」の人形を手にした。その様子を大使館スタッフがスマホで撮影。その後、インスタグラムにインドネシア語と日本語で「スンダ料理は野菜豊富でいくらでも食べられます。スンダ地方の人形劇使いのフリして」などと、写真付きでスタッフが投稿すると、1万件を超える「いいね!」が付いた。

 昨年10月から本格的に投稿を始めた。当初は30着ほど持つバティックを紹介したが、次第にランチを組み合わせるように。「インドネシア料理は知名度が高いとは言えないが、多民族国家を反映して地域ごとの多種多様の味わいがある」と石井氏は魅力を語る。

 食事に合わせて踊りのポーズを見せるなど、大使館トップの堅苦しさを抜いた投稿が好評だ。4月下旬、地元ネットユーザーの1人が、石井氏の投稿をまとめて「お気に入り」と紹介した投稿が拡散。フォロワーが急増し、若者に「ネットのグランパ(祖父)」と親しまれ、「ファンミーティング開催を」との声も上がる。

 投稿には要人との面会や公式行事への参加といった外交記録も織り交ぜられ、「新たなソフト外交」とも。日本とインドネシアは国交樹立61年で、石井氏は「これまでは日本からの支援が多かったが、技能実習生や日本企業のインドネシア進出をはじめ、日本がインドネシアの助けをより必要とする時代だ。それを支える若い世代に親近感を持ってもらうことに役立てば」と話す。

 有力オンラインニュース「ドゥ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら