【動画】手延べそうめん作り最盛期 愛知・安城=上田潤撮影
[PR]

 江戸時代から伝わる愛知県安城市特産の「手延べそうめん」作りが最盛期を迎えている。同市和泉町の「間杉手延製麺所」では、蒸し暑い室内で職人が竹の棒を操り、麺の生地を長さ約3・6メートルまで延ばし、純白の絹糸のように仕上げていた。

 一度乾燥させた麺は、湿った風にさらすなどして半生状態に戻す。多い日は1日約1千食分を生産するという。経営者の間杉秀昭さん(74)は「細いわりにコシが強く、何とも言えないのど越しが楽しめます」。作業は8月中旬まで続く。(上田潤)