[PR]

 麻生太郎財務相兼金融相に対する不信任決議案が21日午後、衆院本会議で自民党、公明党、日本維新の会などの反対多数で否決された。野党が参院に提出した問責決議案も21日午前に反対多数で否決されている。

 不信任、問責両決議案は老後資産「2千万円不足」問題で、金融庁の審議会報告書を「政府のスタンスと違う」として受け取らなかった対応や森友問題の財務省文書改ざんなどを巡る麻生氏の対応を問題視し、辞職を求めていた。