写真・図版

[PR]

 暑さや紫外線を防ぐアイテムとして注目を集める日傘。日焼けしたくない女性を中心に使われてきたが、男性用の売り場も目立つようになってきた。暑さ対策として環境省も男女問わず使用を呼びかけている。

 観測史上初めて都内で40度以上を記録するなど、「一つの災害」(気象庁)と言われた昨夏の猛暑では、熱中症で搬送される人が相次いだ。環境省は「日傘を男女問わずに使おう」とPRしている。

 大同大学(名古屋市)の渡辺慎一教授は8月の屋外で、日傘のほか帽子やアームカバーなどが紫外線を遮る効果を調べた。日傘を差した場合、頭のてっぺんで94%、顔で79%の紫外線を防ぐことができた。つば付き帽子よりもやや低かったが、肩や胸などは帽子よりも広い範囲で紫外線を防いでいた。全身でみると51%ほどで、帽子をかぶりアームカバーを付けた状態と同じくらいの効果があった。

 また、渡辺教授は、気温や湿度、日射の影響を考慮した、熱中症が発生する危険度を表す指標「暑さ指数」(WBGT)を用いて、日傘の効果を調べた。晴れの条件で素材と色の異なる3種類の日傘を用いて、差した場合と差さない場合の暑さ指数を比べたところ、差した場合では平均0・9~1・8度下がった。時間によっては最大で2・9度下がっていた。曇りの場合は晴れより小さいものの、効果は確認できた。

 日本生気象学会はWBGTをレベルに応じて「危険」「厳重警戒」などと位置づける「日常生活における熱中症予防指針」を示している。WBGTが3度低下すると、このレベルが一つ下がる。渡辺教授は「日傘は熱中症の危険度を1ランク下げると言えるだろう」と話す。

 「炎天下で無防備だと消耗して…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら