【動画】NBAドラフト一巡目指名を受けた八村塁=ワシントン・ウィザーズ公式インスタグラムから
[PR]

 米プロバスケットNBAウィザーズから1巡目9位で指名を受けたゴンザガ大の八村塁(21)と報道陣の一問一答は次の通り。

 ――いまのうれしさは。

 「なんとも言えない気持ち。初めてバスケットをやった時、コーチに『NBAに行くんだ』と言われ、それを信じてやってきた。ここに立っていることが夢みたい。信じられない」

 ――ドラフトを待つ間、何を考えていたか。

 「中学、高校、大学でやってきたこと、これからどうするかということを考えていた」

 ――身につけていた日の丸のピンバッジや、裏地に富士山やベナンにちなんだ柄が施されたスーツに込められた思いは。

 「僕は日本とベナンのハーフで、日本で育ってきた。それが僕の根本。そういう思いをピンやスーツに乗せた。(えんじの)色が好きだったんですけど、選んだあとに(母校の)明成高のカラーだったなって気付いた」

 ――ウィザーズの印象は。1年目でどんな成績を残したいか。

 「いろんなポジションから得点がとれるチーム。試合も何回か見ている。チームにどれだけ貢献できるかというのを目標にやっていくので、個人成績のことは何も考えていない」

 ――NBAでマッチアップしたい選手はいるか。

 「(バックスの)ヤニス(・アデトクンボ)とプレーしたい。すごい体がでかくて、それでも動ける」

 ――中国でのワールドカップではプレーするのか。

 「もちろん。母国のためにプレーしたい」

【動画】漫画家・井上雄彦さんとバスケ日本代表の八村塁選手が対談=瀬戸口翼撮影