[PR]

 大阪府警吹田署の千里山交番前で刺され、16日から意識不明の重体となっていた古瀬鈴之佑(こせすずのすけ)巡査(26)が、医師の呼びかけに対して手を握り返すなど反応を示していることが府警への取材でわかった。会話ができる状態ではないが、順調に回復しているという。

 吹田署捜査本部によると、古瀬巡査は16日午前5時35分ごろ、包丁で腕や脚など計7カ所を刺された。傷のうち1カ所は左胸から肺を貫通し、肺の一部を摘出するなどの手術を受け、今も治療が続いている。府警の石田高久本部長は20日の記者会見で「命の危険もあったが、早期の治療と本人の強靱(きょうじん)な体力のおかげで順調に回復に向かっている」と話していた。