[PR]

 コンビニ大手のセブン―イレブン・ジャパンは21日、東海北陸5県の店舗で販売した総菜入りスープの一部について、原材料に卵が含まれるのに、原材料名に卵の表示がない別商品のラベルを貼って販売していたと発表した。卵アレルギーがある人に健康被害が出る可能性があるとして自主回収を始めた。

 同社によると、卵が含まれる「具たっぷり!ユッケジャンスープ」に、原材料名に卵の表示がない「チーズたっぷり!野菜とトマトのスープ」のラベルを誤って貼っていたという。愛知、岐阜、三重、石川、福井5県の計557店舗で20~21日に1214食を売った。

 セブンの店舗に持ち込むか、着払いで返品を受け付けている。送付先は商品の製造者である「プライムデリカ豊田第一工場」(〒470・0334 愛知県豊田市花本町井前1の23)。問い合わせは、専用フリーダイヤル(0120・711・319)で24時間受け付ける。