[PR]

 7月11日に四日市ドームで開会式があり、13日から試合が始まる第101回全国高校野球選手権三重大会(朝日新聞社、三重県高野連主催)の組み合わせ抽選会が25日、津市の県総合文化センターであった。

 選手宣誓の大役が決まった瞬間、津工の西口生真主将(3年)は両手で顔を覆った後、目を閉じたまましばらく天を仰いだ。「正直、どうしようという気持ち。不安の方が大きいけれど、少し楽しみ」

 小学3年で野球を始めた。選手宣誓の経験はなく、初の大舞台になる。抽選会の前夜には宣誓に当たる瞬間の夢を見た。「まさか正夢になるとは思わなかった」と言う。

 宣誓の言葉はチームメートや監督、家族と相談して決めるつもりだ。「お世話になった方々への感謝の気持ちは入れたい。新たなスタートとなる101回大会にふさわしい宣誓を目指す」と気を引き締めた。(大滝哲彰)