[PR]

 7月6日に開幕する第101回全国高校野球選手権茨城大会(朝日新聞社、茨城県高校野球連盟主催)の組み合わせ抽選会が21日、水戸市のザ・ヒロサワ・シティ会館(県民文化センター)であった。

 江戸川学園の飯塚草太主将(3年)は「19」を引いた後、すぐに壇上を降りようとして司会者らに止められた。2019年にちなみ、選手宣誓を担当する番号で、その場で写真撮影する段取りだった。

 抽選会後、「緊張していて気づかなかった。あ、引いちゃったなという感じ」と苦笑い。「仲間から『開幕試合や早い試合日は避けて』と言われていたので、19という若い数字に焦ってしまった」と振り返る。

 飯塚主将は人前で話すのが苦手だったが、中学時代に野球部の主将や生徒会副会長を経験し克服したという。宣誓の言葉はまずは自分で考え、監督や仲間と相談する。「一生に一度の機会。胸を張って正々堂々と、野球への自分の思いを率直に込めて話したい」

 チームの目標は悲願の3回戦突破。「一つ一つのプレーを思う存分楽しみたい」と表情を引き締めた。