[PR]

 愛知県と豊田市でつくるラグビーワールドカップ2019愛知・豊田開催支援委員会主催の「大会100日前イベント」が22日、名古屋市港区の「ららぽーと名古屋みなとアクルス」であった。代表試合69トライの世界記録を持つ大畑大介さんや兄弟コンビ「中川家」らが登場し、約8千人の観客でにぎわった。

 ステージに立った元日本代表主将の大畑さんは、元ビーチバレー選手の浅尾美和さんと対談。浅尾さんが「ラグビーは格闘技。大きい選手を止めようと飛び込んでいく小さい選手を応援したくなる」と語ると、大畑さんは「格闘技と球技の良さがある。選手には大きい人や小さい人、足の速い人から力の強い人までいっぱい。キャラクターは様々」と特徴を説明した。

 愛知県豊田市の豊田スタジアムではW杯4試合が予定されている。注目する試合として、浅尾さんが大会3連覇を目指すニュージーランド対イタリア(10月12日)を選んだのに対し、大畑さんはウェールズ対ジョージア(9月23日)を挙げた。大畑さんは「ジョージアは身長も体も『デカいやつ』の集まり。世界一スクラムが強いと言われている。世界ランク2位のウェールズがどんな戦いをするか楽しみ」と語った。

 中学と高校でプレーしていたと…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら