[PR]

 22日のプロ野球DeNAと楽天の2回戦は、一回に楽天が6点を取ったと思えば、その裏にDeNAが7点を取りかえした。両軍の先発が2人合わせて1死しかとれずノックアウトされる、プロ野球では極めて珍しい展開になった。

 DeNAの先発で新人の大貫晋一(新日鉄住金鹿島)は1番茂木、2番島内の連続二塁打であっさり先取点を献上。その後は2安打と3与四球で、1死も奪えずに降板した。2番手の進藤拓也も打たれ、DeNAはこの回、6点を失った。

 その裏、楽天の先発・古川侑利も乱れた。1番の神里に右中間二塁打。続く乙坂こそ中飛に仕留めたが、3番ソトを2球で追い込みながら、そこからワンバウンドの投球を連発。3連続を含む4与四球の散々な内容で、こちらもわずか3分の1回で継投を仰ぐはめになった。2番手の戸村が1死満塁でマウンドを継いだが踏ん張りきれず、楽天は7失点を喫し試合をひっくり返された。

 球審・牧田のストライクとボールの判定が厳しかった面はあるものの、目を覆いたくなる先発投手の出来で、一回の攻防に約1時間を要す「スロープレー」ぶり。6点のリードを守れなかった古川は「点差があったので、攻めの投球をしようとは思っていました。野手の皆さんに申し訳ないです」。

 試合は楽天が1点を追う七回、山下の2点本塁打で試合をひっくりかえし、11―9で勝った。交流戦優勝の可能性を残したが、大荒れの一回には平石監督も「僕もそうですけど、ほとんどの人が初めて見たんじゃないか」と苦笑いだった。

こんなニュースも