[PR]

 兵庫県尼崎市の大手機械メーカー・クボタの旧神崎工場周辺でアスベスト(石綿)による健康被害が発覚した「クボタ・ショック」から間もなく14年。患者団体などが22日に市内で集会を開き、中皮腫や肺がんを発症して同社に救済金を請求した住民が355人に達した、と発表した。

 支援団体の尼崎労働者安全衛生センターによると、請求者はこの1年で16人増えた。空気中に飛散した石綿を大量に吸い込んでから、がんの一種である中皮腫を発症するまでには、数十年の潜伏期間があることから、「被害者はこれからも増え続ける」と警鐘を鳴らしている。

 JR尼崎駅近くにあったクボタの旧神崎工場では、1954年から95年にかけて石綿を使った水道管や建材が製造されていた。

 2005年6月以降、工場労働…

この記事は有料会員記事です。残り535文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り535文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り535文字有料会員になると続きをお読みいただけます。