[PR]

 トランプ米大統領は22日、米軍の無人偵察機を撃墜したイランに対して「大規模な制裁を24日に科す」とツイッターに投稿した。一方で、「制裁が解除され、イランが再び生産的で繁栄した国になる日を楽しみにしている」ともつづり、イランに核開発を断念させるための対話に改めて強い意欲を示した。

 トランプ氏は22日、ホワイトハウスで記者団にも「イランへの追加制裁を実施しようとしている」と述べたが、具体的には明らかにしなかった。

 トランプ氏は20日に無人機撃墜への報復攻撃を計画していたが、米軍幹部から犠牲者が約150人に及ぶと聞かされ、「攻撃10分前に止めた」と明らかにしている。22日はイランが有人機を狙わなかったことに「感謝している」と述べ、軍事行動の選択肢は今後も「常にテーブルの上にある」と強調した。

 トランプ氏はその上で、「イラ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら