リスグラシューが宝塚制す 騎手が引き出した驚きの強さ

有料会員記事

[PR]

 競馬のGⅠ第60回宝塚記念は23日、阪神競馬場の芝右2200メートルに12頭が出走して行われ、3番人気のリスグラシュー(牝(めす)5歳、栗東・矢作芳人厩舎(きゅうしゃ))が優勝、GⅠ2勝目を挙げた。ダミアン・レーン騎手(25)=オーストラリア=は短期免許での中央競馬最終日をビッグタイトルで締めくくった。

■最後のコーナーで自ら動く…

この記事は有料会員記事です。残り274文字有料会員になると続きをお読みいただけます。